ピアニスト大堀晴津子の日々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
今週の本番
さて明後日となりました
まーくんのコンサート。今日は、最後のリハーサル
こないだの通し練習をしてホントに良かった
初の曲が多くて必死だったので、本番までにまだまだできる事はたくさんあるけど、今日の合わせで見通しが立った気がします。
ふ〜

CA398321-0001.jpgピアニストまーくん
今夜録音聴いて、最終的に詰めます

さて今週は、12月のコンサートのリハやコンクールの全国大会などありますが、週末には楽しいコンサートが

クリック拡大↓
ふるちゃんと愉快な仲間たちの楽しいコンサートです
これまた振り幅の広いコンサート。

詳細はコチラ↓


今週もがんばろっ
CA398319-0001.jpg
やまつ辻田の「極上七味」ゲット。
今夜は湯豆腐と、大根の煮物でしたが、どちらにかけても美味しかったです
山椒がきいてるんだな

CA398323-0001.jpgそうそう、今日はトリフォニー合わせに行ったら、高校の同級生・Vnのえりこがのぞきに来てくれました。
ピアノの友達や女子会メンバーとは、よく会うけど、弦楽器の友達とはなかなか会う機会が少なく、久しぶり〜に会えました。
変わらんね。
ありがと〜

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
1月のコンサート
1月28日(土曜日)14時開演 千葉・佐倉市民音楽ホール
三井住友海上文化財団派遣コンサート
工藤重典フルートリサイタル

1月29日(日曜日)14時半開演 青森・三沢市公会堂
三沢市公会堂自主事業 1000円コンサートVol3
上田仁トランペットリサイタル

来週末です
さて、大学は試験シーズンを前に合わせやレッスンの嵐。
疲労で腕が重い

今週末、東京音大の大学院の修試で始まります。
最後の追い込み中。

去年、色んな音大の移動でかなり体力消耗したのと、今年は一月がコンサートや他の本番が入っていたので、色々考えて昭和の試験以外のものはかなり絞ってお引き受けしたつもりなのですが、やっぱり余裕はないですね。
既に曜日の感覚がない。

今日は東京音大から昭和に移動する時、帰宅ラッシュの時間帯にはまり、臓器がつぶれるかと思いました。
の〜ん

明日もがんばる。
がんばれるかな・・・。
いや、がんばろ。


お知らせ comments(0) trackbacks(0)
12月のコンサート
さて、あっという間に12月、もう2011年もわずかです。
12月のコンサートのお知らせを二つ。

「大友幸太郎クラリネットリサイタル」
●12月19日(月)19時開演
渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール

クリック拡大↓

大友幸太郎さんのリサイタルのピアノを弾きます。
選曲がすごい。
オペラものに、ミヨーのソナチネ、ブラームスのソナタ、更に後半はバスクラに持ち替え、シューマン幻想小曲集に、メインがシューベルト、アルペジョーネソナタ!
ブラームスとシューベルトを一日でやるなんて・・・完全なるドMプログラムです。
12月はドM月間になりそう・・・。

「東京音楽大学校友会香川県支部コンサート」
●12月25日(日)14時開演 
高松テルサ

クリック拡大↓
第3回目となる香川県支部のコンサート。
今年はゲスト演奏でフルート:中野真理先生と、ピアノ師匠・石井克典先生がいらして下さいます。
私は、自分のソロが、プロコフィエフのソナタ3番、そしてフルート:白川くん(プロコソナタ)臼井さん(シューベルトしぼめる花の変奏曲)松浦さん(タファネル魔弾の射手の幻想曲)クラリネット:小畑さん(シューマン幻想小曲集)の伴奏をします。

もう完全に、ドM月間決定であります。
また、近くなりましたらお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。
お知らせ comments(0) trackbacks(0)
お知らせ
来週月曜日にあるクリニック&ミニコンサートのお知らせです
「ジョルジォ・マンドレージ ファゴット公開クリニック&ミニコンサート」
11月21日(月)18時半スタート
汐留ホール
パリ管首席で、ここ2年浜松のアカデミーの講師としても来日しているジョルジォです。
陽気なイタ〜リア人です


私は、クリニックで長くんの伴奏と、ミニコンサートでピアノを弾きます
曲は、バロックから近現代まで、無伴奏もありつつの幅広いプログラミング。
テレマン、ブートリーなどの予定です。

ブートリー・・・ぎゃぼっ
今日、空き時間に図書館でバソンの演奏を聴いていましたが、バソンて味があって素敵。
ジョリベのコンチェルトとか、バソンで聴いてみたいです。

後、バソンで演奏してていいなと思ったのは、ケックランのソナタ。
ロマンチックになり過ぎず、ピアノの和声とのぶつかり具合が良い感じ。
ファゴットでやると、ピアノの和声とぶつかると、音程が悪いように聴こえてしまう気がする。
なのでなんとなくこちらも、和声をぶつけずにニュアンスをぼかしてしまう。

いいね〜、バソン。

あっ・・・月曜はファゴットです。
もちろんファゴットも大好きです。
ヤマハのファゴットは音程が良くて素敵です。



お知らせ comments(0) trackbacks(0)
リハ
再来週にあるリサイタルのリハが始まりました。

素敵ホルン奏者・のぶ氏のリサイタルです
詳しくはこちら↓

去年秋に発売されたCDの発売記念なので、ロッシーニ、サン=サーンス、轟木千尋ちゃん編曲の3曲(チックコリアスペイン・リベルタンゴ・ボヘミアンラプソディ)、ラプソディインブルーは、CDの曲よりです。
今回バスラーは新曲。
今日合わせてみたら、今の季節にぴったり!
すっきり晴れた青い空が広がっていくような爽やかな曲です。
ぜひ梅雨に入る前に演奏したいものです。

グリエール、本当に素敵な曲。
今日はのぶ氏がメロディを演奏してる時に、ロシアの草原風景が見えました!!
私にしてみたら、最高の「賛辞」だったのですが、どうも私のコメントは軽い上に、真実味に欠けるようで、適当にあしらわれました。
(私はロシアに行った事があるからロシアの草原風景が分かるのですよ、ふふん。)
グリエールのメロディの美しさは、シンプルでいながら、心にぐっときます。

そして、のぶ氏編曲のラプソディインブルー。
調性を変えてあるので、演奏し始めた頃は慣れるのに時間がかかりましたが、何回か本番をふみ、CDの録音を経て、やっとこさしっくりくるようになりました。
一応今回のリサイタルが、この曲の今までのベストな形になるように目指して練習中です。

轟木ちぃ〜様アレンジ3曲もかなりイカシテマス。
また、ホルンアンサンブルアレンジのものもあります。
こんな盛りだくさんなリサイタル、改めてすごいね。

今日も、疲れ知らずでぶりぶり吹いておられました。
彼は人間じゃないんじゃないかと最近、疑っています。
リサイタルまでに疑惑を晴らしておきたいと、思います。

特派員S

CA394610-0001.JPGえびのクリームソースパスタ






お知らせ comments(0) trackbacks(0)
マスタークラス&ミニコンサート

http://www.yamaha.co.jp/event/event_detail.php?no=4720

来週14日のマスタークラス&ミニコンサートのお知らせです。
昨年、浜松のアカデミーで久しぶりにお会いできたスーパープレイヤー・浩一郎さん。
私が言うまでもなく、本当に本当に素晴らしいプレイヤーであります!
とってもとっても楽しみです

お知らせ comments(3) trackbacks(0)
コンサートのお知らせ

今週末に迫りましたが、あんさんぶっかけ・さぬき座のコンサートのお知らせです。

あんさんぶっかけ・さぬき座
スペシャルコンサート2011
●2011年2月12日(土)

●アルファあなぶき小ホール
●開場17:30 開演18:00

●一般前売り:2000円(当日2500円)
高校生以下前売り:1500円(当日2000円)
全席自由

●プログラム
・あんさんぶっかけ・さぬき座のテーマ
・リスト:ラ・カンパネラ
・リスト:愛の夢(ピアノソロ)
・四季メドレー〜ハナミズキ、真夏の果実、秋桜、雪の華〜
・ホルスト:木星
・くるみ割り人形

●出演
バイオリン筒井志帆
フルート赤木香菜子
クラリネット井上梨江
サクソフォーン國末貞仁
コントラバス栗田涼子
ピアノ大堀晴津子

くるみ割り人形は、大好きな曲でもあり、あんさんぶっかけ・さぬき座の、あの名テーマ曲を作曲して下さった「オリママ」こと、織田英子さんに編曲して頂いて、とても素敵な仕上がりのアレンジとなっていて、さらっていて楽しいです。
しかし、くるみ割りを聴きながらうっとり、こないだ町田まで行ってしまったので、それ以来電車の中でのリスニングは、寝られないものと決めているので、しばしくるみ割り&バッハ禁止です。

お知らせ comments(0) trackbacks(0)
12月のコンサート

ルースアズールクリスマスコンサート
12月7日(火)18時半開場 19時開演 池袋・自由学園明日館
サヌカイト・パーカッション 小松玲子
ウード 常味裕司
ヴォーカル 松本泰子
ヴィオラ 錦田知子
作曲・編曲・ピアノ 喜多形寛丈
ピアノ 大堀晴津子
7日の東京公演は、私がピアノを弾きます。

前売り3000円
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002048796P0050001P006001P0030001
(私の手元にもチケットあります。)
ルースアズールについて
http://www.luzazul.jp/

アラウンド・ザ・ワールドinクラシック
「大作曲家が遺したトランペットの響き」
12月11日(土)14時半開場 15時開演 大阪・吹田メイシアター小ホール
トランペット:上田仁 
ピアノ:大堀晴津子
前売り3000円
http://www.maytheater.jp/series/1010/1009_classic.html#02

オネゲル「イントラーダ」
グラズノフ「アルバムブラット」
サン=サーンス「幻想曲 変ホ長調」 
バーク「マジック・トランペット」
ピアソラ「リベルタンゴ」
エワイゼン「トランペットとピアノのためのソナタ」他

東京シティフィルを始め、シエナウィンド、ズーラシアンブラスなどで大活躍のトランペット奏者・じん様のコンサートです。
関西圏の皆様、ぜひご来場ください。


第2回東京音楽大学校友会香川県支部 コンサート
12月26日(日)13時半開場 14時開演 香川・高松テルサ
一般1000円 学生500円
ゲスト出演
石井克典(ピアノ・東京音楽大学准教授)

香川県出身・東京音大在校生、また卒業生12人によるコンサートです。
私は、ソロ1曲と、在校生の後輩4人の伴奏をします。
今年は、私も師事してお世話になった、石井先生がゲスト出演して下さいます。
もう、それだけでも必聴です。
http://www.kenminhall.com/ticket/image/other/2010/101226tt.pdf



お知らせ comments(0) trackbacks(0)
コンサートのお知らせ

「福川伸陽ホルンリサイタル」

●9月27日(月)19時開演
あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)
お問い合わせ 市民コンサート徳島 088(652)4874
●9月28日(火)18時半開演
高松テルサ
お問い合わせ コンサートかがわ 087(821)3815
●高松に関しては、私に直接問い合わせて下さっても構いません

ホルン 福川伸陽
ピアノ 大堀晴津子

〜プログラム〜
●モーツァルト:ホルン協奏曲1番より〜1楽章
楽器紹介
●ピアソラ:リベルタンゴ
●モリコーネ:ニューシネマパラダイス
●カルメンファンタジー
●デュカ:ヴィラネル
●フォーレ:シシリエンヌ
●シューベルト:アヴェ・マリア
●日本の曲より
●ガーシュイン:ラプソディ・イン・ブルー(福川伸陽編)

日本フィルハーモニー首席ホルン奏者 福川伸陽さん(のぶ氏)のホルンリサイタルin四国のお知らせです。
まさか自分の地元に、このようなコンサートで帰れる事になろうとは思いもしませんでした。
それだけで、わくわく楽しみです
たくさんの地元の方々に楽しんでいただけるよう頑張ります!

お知らせ comments(2) trackbacks(0)
German Pieces for bassoon

「ドイツ作曲家によるファゴット作品集」

ダーヴィド:ファゴットとピアノのための小協奏曲 作品12
カリヴォダ:ファゴットとピアノのためのサロン的小品 作品230
カリヴォダ:ファゴットとピアノのためのヴァリエーションとロンド 作品57
ウェーバー:ファゴットとピアノのためのアンダンテとハンガリー風ロンド 作品35
シュレック:ファゴットとピアノのためのソナタ 作品9
ヒンデミット:ファゴットとピアノのためのソナタ

水谷上総(ファゴット)
大堀晴津子(ピアノ)
詳細はこちら
http://www.octavia.co.jp/shop/cryston/001288.html 

ファゴットの水谷先生のアルバムが6月23日発売になりました!!

出来上がって初めて聴かせて頂いた時、先生の音色がホントに素晴らしくて、録音でもこんな音色が再現できるんだと、改めて興奮、感激しました。
録音初日、できるだけいい録音状態、環境を作るためにマイクにもこだわり、何度もセッティングをやり直し、とても時間がかかったのを覚えています。
でも、その甲斐あって、表現にも音量にも奥行きや幅広さが出たので、納得いく環境で録音できた事が、非常に大きかったのだと思います。
音色や演奏に対する水谷先生のこだわり、それに応えるオクタヴィアレコードの皆さんの技術の高さ、プロデューサー・江崎さんの耳の良さ、音楽性、その確実なディレクションのおかげで、レコーディング3日間、本当に夢のような現場を経験させて頂き、感激する事ばかりでした。

私自身はまだまだ未熟で、自分の演奏や解釈には満足していない部分も多々ありますが、それが今現在の自分自身なので、それを受け止めて、これからも精進しなければなりません。
でも、大好きな「ヒンデミットのソナタ」、またほぼ日本では演奏された事のない「シュレックのソナタ」を勉強し、録音できた事は非常に大きな糧となりました。

それにしても素晴らしい音色です。
先生のヒンデミットの世界観は、特に好きです。
ヒンデミットらしさ、ファゴットらしさ、水谷先生らしさ、の全てが詰まった録音。

ぜひ、お聴きください
ファゴットを知らない人や、ファゴットのソロを聴いた事のない人たちにも、たくさん聴いてもらえますように。
お知らせ comments(7) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>