ピアニスト大堀晴津子の日々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
箱根旅行・その1
4月中旬には、両親が上京していたので、家族で箱根へ一泊してきました
この3月で退職した父の「お祝い」という事で、普段なら泊まれないようなお宿を探してちょっぴりの贅沢を。
iPhoneImage.png強羅環翠楼
広大な敷地に大自然
iPhoneImage.png
ちょうど山桜の季節で、箱根は良い季節でした。

夕食までに強羅散歩。強羅公園へ。
iPhoneImage.pngお花など見て回りました
iPhoneImage.png父よしひろ&母ゆうこ
iPhoneImage.png
iPhoneImage.png
ゆっくり歩いているうちに、すぐに夕飯の時間に。

ちなみに、温泉がついているお部屋だったので、いつでもお風呂に入れるのがまたよし。
レトロなタイル。
iPhoneImage.png
でも、露天のお湯の泉質と、そこから見える絶景が一番気に入ったので、結局露天に何回も入りに行きました。

さて、お夕食
お部屋出しなので、各お部屋に、仲居さんが全て運んで来てくださいます。
泊まったお部屋は、一階がお風呂で2階が客室だったので、その度に仲居さんは階段をのぼりおり。
頭が下がる・・・

お献立は
先附・前菜・御椀・向附・焚物・肉料理・揚物・酢の物・お食事・水菓子
これに、「伊勢海老の鬼瓦焼き」がついているプランにしたので、とにかく豪勢でした!
そして、退職のお祝いである事を、話の流れで仲居さんと話していたら、シャンパンをサービスして下さいまして、びっくりなサプライズ。

お料理は季節のものがふんだんに使われ、お味はもちろん、大変美味しかったです
iPhoneImage.pngよもぎ胡麻豆腐 生うに 百合根 蕨
iPhoneImage.png
iPhoneImage.png繊細な出汁が美味しかった油目葛打ちの御椀
iPhoneImage.png網元が経営という事で、お魚の美味しさもお墨付きです。
iPhoneImage.png
iPhoneImage.png伊勢海老!鬼瓦!!
iPhoneImage.png
iPhoneImage.png天ぷらもさくさく
iPhoneImage.png季節のごはんは竹の子
満腹を通り越していましたが、不思議なものでぺろりと残さずに平らげてしまいました
やはり、和食は良いですね〜。
父も、日本酒でご機嫌で、歴史ある建物での時間を喜んでくれたようでした

二日目へ続く・・・。


日記 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://chansetsu.jugem.jp/trackback/929
<< NEW | TOP | OLD>>