ピアニスト大堀晴津子の日々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
テューバリサイタル終了!
昨日は代々木上原のけやきホールにて「古本大志テューバリサイタル」
おかげ様でたくさんのお客様に見守られて、無事終了しました
ありがとうございました

プログラム
〜1部〜
スティーブンス:古い様式の変奏曲
J.S.バッハ:G線上のアリア
カステレーデ:ソナチネ

〜2部〜 ゲスト「サックスカルテット・クワチュールB」
J.S.バッハ:トリオソナタG-mollより1楽章(S.SAX・Tba・Pf)
石川亮太:メン イン ベース(B.SAX・Tba)
セントパリ:ジャズクインテット(Tba+クワチュールB)

〜3部〜
グリエール:コントラバスのための4つの小品

ふるちゃんらしいバラエティに富んだプログラムで、彼じゃなきゃ成し得ないプログラムだったなぁと思います。集中して演奏できたとともに、客席にもそう聴いてもらえたと思うし、彼の持つ色んな意味での実力ややりたい事が、伝わる演奏会になり、一緒に演奏できた事を幸せに思います
ふるちゃんありがとう、素晴らしかった!!

クワチュールBのステージも楽しさ満載で、ホントにメリハリのきいたステージでした
りょうちゃんの新曲も面白カッコよかった!
りょうちゃん、そして演技派のげんちゃん・ふるちゃんブラボー!

リハーサルも彼らに聴いてもらってアドバイスもらったりと、信頼する大切な仲間、そして気心知れた仲間の助けもあり、精神的にも楽に本番を迎える事ができました。
皆さん、ありがとうございました、そしてお疲れ様でした

ふるちゃんは音楽的なセンスが素晴らしくて、それは本能みたいなもの。
逆に本番何がでるか分からないみたいな感じで楽しんで吹いてもらいたいと思っていたので、リハの時は、グリエールなどの室内楽的な曲は、ピアニストとして意見するとこはしといて、そうするとスッとお互いの方向性が揃ったので、本番は良い集中力で演奏できました
グリエールいい曲だな

表現するという事は人と同じでなくて良いわけで、同じだから安心するという面もあれば、違うから新鮮に感じるという事もあります。
テューバという楽器の特性上、表現力の幅も大きいし、ふるちゃんが何をやりたいかを音で感じつつ意図してる事を実現するために、それに一番快適でフィットするピアノを弾く。
私自身、結局のところ、ステージ上では本能と耳でピアノを弾いているので、ふるちゃんみたいなタイプの音楽家との共演は大変面白かったです

ありがとう!!
リッキー譜めくりありがとう
こんな素敵な写真を撮ってくれてました

今日が早いからとせっかく電車で帰ったのに、寝過ごしてしまい結局タクシー帰宅
更にお風呂で爆睡。
疲れを蓄積しないように気をつけなくてはなりませぬ!
コンサート comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








G線上のアリア、ソナチネ
聞きたかった〜(><)

大志さんの笑顔は最高ですね
素敵な時間で合った事がうかがえます♪

グラサンのお方は亮太さん(^^)
カッコよく決まってますね

晴津子さんもドレスがお似合いで素敵です♪♪
さわやかさのある色で紅1点が
さらに華やかに彩っていますね

クワチュールBさん
1度お会いしたい、生で音を聞きたいですね〜


写真やBlogの内容だけでも
素敵なリサイタルだった事は感じます
実際に生でその素敵な時間を体感したかったな〜

こう言う時中標津と言う遠い場所であることを
ちょっと後悔します(^^;
from. B-SAX NANA | 2013/02/23 20:31 |
>NANA様

遅くなりごめんなさい!
素敵なコンサートでしたよ。
ぜひ、こちらにも遊びにいらして下さいね。

また中標津に行けるのも楽しみにしております♪
from. chansetsu | 2013/03/11 11:46 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://chansetsu.jugem.jp/trackback/758
<< NEW | TOP | OLD>>